♪富士山♪北斗七星⑧富士山の日特集週間

静岡県富士宮市の手打ちそば屋 蕎友館 井出明久です
富士山の日特集!週間ということで私の中で最も難しい
富士山と北斗七星の定点観測を数日に渡ってお贈りいたします^^
この冬に撮りためた写真をアップしていきます。
IMG_1531.jpg

IMG_1497.jpg
Canon5D markⅡ EF24-105 F4L IS USM

IMG_1558.jpg
Canon5D markⅡ SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

今シーズン最後になる?でしょうおそらく・・・
最後は はんべさんの記事 にコラボできるように
明治のアポロチョコレートにちなんだ富士山と北斗七星にしてみました^^
赤くないじゃんか~!という声が聞こえてきますが
白いのもあります~

ちょびっとだけでも(笑)っていただけたら幸いです^^
このシリーズを長々と(我慢して^^)ご覧いただきましてありがとうございました!

BGM by 唱歌
蕎麦を通じて心を共有できる空をつくる蕎友館でした
HPはこちら~↓↓↓
富士宮 そば
いつもありがとうございます(感謝)

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ

2 Comments

はんべ  

北斗七星を見ると春が来たと感じます。
次第に高く昇るにつれて「うしかい座」や「おとめ座」の一等星を引き連れて来ます(春の大曲線)。
柄杓の柄の先から二番目の星は「ミザール」と「アルコル」という二重星で、目のいい人なら肉眼でも分かります。
ちなみに実際に近くにあるのではなく、同じ方向にたまたま見えているだけでずっと離れています。
蕎友館から見えるということは、富士山から柄杓で湧水を汲んでいるんですね(^^)

2013/02/28 (Thu) 23:13 | EDIT | REPLY |   

手打ちそば蕎友館 井出明久  

Re: はんべ さま

> 北斗七星を見ると春が来たと感じます。
> 次第に高く昇るにつれて「うしかい座」や「おとめ座」の一等星を引き連れて来ます(春の大曲線)。
> 柄杓の柄の先から二番目の星は「ミザール」と「アルコル」という二重星で、目のいい人なら肉眼でも分かります。
> ちなみに実際に近くにあるのではなく、同じ方向にたまたま見えているだけでずっと離れています。
> 蕎友館から見えるということは、富士山から柄杓で湧水を汲んでいるんですね(^^)


なるほど~北斗七星は春が近づくと早い時間に富士山周辺で見られます。
確かに春を感じさせてくれる星座ですね!
納得です^^

私は夜遅い時間にしか撮影ができないものですから^^
冬の星座のイメージが強かったのですが~(撮影中は寒いですし。。。)
目から鱗が大盛りポロポロです^^

「ミザール」と「アルコル」は撮影中に目が慣れてきたころに~
肉眼で確かに確認できます!

撮影中は一個は隠れて欲しい~と思ってしまいます。
(死兆星って言われるのがいやなので)
EOS kiss DNで露出時間を短くすると写らなかったのですが markⅡでは毎回写ってしまいます^^

富士山の名水を北斗七星の柄杓で汲んで蕎麦と出汁に仕上る!

なんてロマンチックなんでしょう!

実際そのように仕事をしていますが 本人は意識してませんでした!
粋なお言葉をありがとうございます^^

2013/03/01 (Fri) 21:40 | REPLY |   

Leave a comment